バレンタインデーを素敵に彩りましょう!

バレンタインデーにはチョコやケーキ、おまけにワインまで、彼と一緒に素敵に過ごしましょう!


彼氏があなたにメロメロに!あなただけのバレンタインデー大作戦!

バレンタインとは?

バレンタインって何の日だかはご存知ですよね?
でも、バレンタインだからと言って、何だかわからずに只々2月14日の日に半ば義務的にチョコやプレゼントを贈っている人が大半ではないでしょうか?
最近では友チョコやMYチョコなんていうのもあって、お菓子会社が売っているチョコの約2割がこのバレンタインの2月14日の日に売れるらしいですよ!!
凄いですよね! バレンタイン様々ですね。

ちょっと脱線しちゃいましたが、バレンタインについてお話します。
バレンタインの歴史は、ローマ帝国の時代に迄溯ります。
当時ローマでは2月14日は女神ユノの祝日の日で、翌2月15日が豊年を祈願するルペルカリア祭の始まる日でした。
2月14日は前夜祭ということもあって特別なイベントが行われていたのですが、 どんな事が行われたかというと、当時若い男の人と若い女の人は生活が別々だったので、男女の出会いのイベントが行われていたのです。
今で言う合コンみたいなものですね。
前夜祭の日に、女の子達は紙に男の人名前を書いた札を桶の中に入れます。
翌日のお祭の当日、男の人達は桶から札を1枚引いて、引いた男の人と札の名前の女の人は、お祭の間パートナーとして一緒に過ごしました。
多くの人達はそのまま恋に落ちて、お付き合いをし、やがて、結婚にまで発展したそうです。

なんてロマンチックなんでしょう。

それから時が流れるうちにキリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)が処刑された日としてキリスト教徒にとってもこの日は祭日となり、恋人たちの日となり、各地に広まっていきました。

というのがバレンタインの始まりになり、今では、各地で2月14日は恋人達の愛の誓いの日として祝っています。
如何でしょう?
結構、奥が深かったですよね?


ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなどいろんな贈り物、恋人に贈ることがある日なんですって。
日本でいうホワイトデーの習慣もないそうです。
チョコを送る習慣は19世紀後半のイギリスで始まったそうですが、女性がチョコを送る習慣は日本で始まったものなのだそうです。
女性から男性に贈るのが主流で、反対に男性から贈ることは珍しい点と、贈るものが大体はチョコレートという点が日本のバレンタインの特徴で、なんか日本らしいですよね?
最初は全然売れなかったチョコレートも、お菓子会社の頑張りで、今では「バレンタインにはチョコ!」というのが、すっかり日本の文化になりました。

そんな事を考えつつ、男性や家族や友達、そして自分にプレゼントすると一味違うバレンタインになるかもしれませんね。

楽天


彼氏があなたにメロメロに!あなただけのバレンタインデー大作戦!